スカートのサイズによる数の違い

数の違い

スカートには、サイズというものがあります。小さい順にS、M、Lというサイズとなっています。
そして、このサイズによって数が異なるものなのです。
まず、圧倒的に多いスカートのサイズは、Mです。スカートと言っても色々なタイプに分かれるものなのですが、どのスカートもMサイズが多いというのはほぼ共通しています。
もっとも、考えてみるとそれも当然ですね。Mというのは、中間だからです。中間という事は、平均的だからです。平均ゆえに、必然的に数も多くなるという訳です。
次に多いのはSです。日本人には小柄な人が多いという事にもなるかもしれません。そして消去法でLが最も少ないという事になります。
ですが、スカートのタイプによっては例外もあります。例えばロングスカートです。この丈の長さですと、ある媒体ではM、L、Sの順に数が多いのです。やはりロングスカートというゆったりサイズゆえに、サイズにも強調されるものなのかもしれません。
もっともスカート「全般」という母集団で考えると、やはりM、S、Lの順に数が多くなっています。ミニスカート辺りに、特にその傾向が強いですね。中でもミニ丈のタイトスカートはLサイズが非常に少ないという特徴もあります。

Copyright© 2013 噂の出会い系サイト情報 All Rights Reserved.